家出人が女性のケースで発見するには

家出した人が女性のケースで発見するには、どうすれば良いかについての体験談です。ほんと、気づいたら居なくなっているんです。 私がどんなに家出人を発見するために苦労をしたのか、聞いて下さい。私、家出と言うか、いわゆるプチ家出をした事が2回あります。

一回目は、反抗期の真っ只中の中学生の時。二回目は、結婚して子育てを一人でしている気持ちが強くなって、辛くなった時。一回目の時は、子供だったし体力もあったし、ひたすら自転車で走り続けました。

真夏だったので、とんでもない日焼けをしましたが。 コンビニで水分や食事を摂ったりしてました。二回目は大人だったし、子供も一緒だったこともあって、近所の図書館やファミレスをふらふらしました。

これまた真夏だったのが笑えます。夏になると、家出人になりたくなる性分なんでしょうかね。女の人の場合、家出をする時は、大抵が自分に関心を向けて欲しいとか、自分がいなくなって慌てて欲しい(寂しがってほしい)といったような気持ちがある場合が多いように思います。

男の人は、本当に一人になってゆっくり考えたいとかあるみたいですが、そのあたりの男女差が大きく失踪者を探せない人が多いのかなと思います。探し方としては、近所のファミレスやカフェ、図書館かもしくは実家をまずチェックするところからでしょうか。

大人なら雨風を凌げる場所にいるケースがほとんどでしょうから。でも、探し方を考える前になんでその人がそういって行動に出たのかゆっくり考えること、「心配だから帰っておいで」「家で待ってるから一度ゆっくり話し合おう」と連絡を取る方が早いのでは、と思います。

家出人の探し方ガイド